TOP > 注文住宅をローコストにするための要因

注文住宅をローコストにするための要因

注文住宅は建売住宅と比較して、コストがかかってしまうと言われています。注文住宅は仕様やコンセプトの希望を取り入れることが可能な住宅ですので、ローコスト住宅を建てることも可能ですが、その場合には仕様のグレードを落とす選択をすることが多いと考えられます。


一般的に住宅の建設コストとしては、材料費と人件費、諸経費の3種類のコストがあります。
材料費は工務店やハウスメーカーなどにおける仕入れルートの違いや、人件費は施工会社によって異なります。
ローコスト住宅を目指すときに仕上げや品質を落としたときには、建物全体の空間の力の無さやボリュームが減ってしまう結果になります。

住宅には基礎率というものがあって、基礎率とは延べ面積のうちのどれぐらいの割合が地面に接しているかということを表わしています。


地面に接している部分を少なくすることによって、基礎の面積を減らすことが可能となりローコストを実現できます。

屋根率は述べ面積に対して、どれぐらい屋根がかかっているかの割合になりますが、屋根の重なっている部分が多いことや、勾配が急であるときには屋根の面積が増えます。

高崎の注文住宅を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

屋根率を低くすることも、ローコストを実現できる要因になります。


注文住宅を始めとして住宅には、電気や衛生設備を設置するための費用がかかります。

延べ面積が小さい住宅であったも設備のシステム数が多ければ設備の設置費用やコストがアップしてしまう要因になります。



電気設備や衛生設備を必要最小限にすることで、配管や配線をまとめることができてローコスト住宅にすることができます。




Copyright (C) 2016 注文住宅をローコストにするための要因 All Rights Reserved.